K-POPイベント・チケット情報はこちら

【顔画像】ソケン(NEXZ)の家族構成6人を徹底解説!姉のJaneぜうん・はよんはエリート大学生!

当ページのリンクには広告が含まれています。
【顔画像まとめ】韓国人ソケン(虹プロ2)の家族構成6人を徹底解説!姉のJaneぜうん・はよんはエリート大学生!
スポンサーリンク

虹プロ2に出演中の「niziの奇跡」と呼ばれているソ・ケンくん。

名字は日本的じゃないけど、名前は日本的。
ソケン君自身は番組で日本語で話しているし・・・日本人なの?韓国人なの?中国人なの?

と気になっている方も多いですよね。
実はソ・ケンくんの国籍は、日本じゃなく韓国なんです。

この記事では、ソケンくんが韓国籍である理由を紹介します。
同事にソケンくんの家族構成についても顔画像つきでまとめましたので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

NEXZはこちらも

虹プロ2はこちらも

スポンサーリンク
目次

ソケン(虹プロ2)の国籍は韓国!

ソケン
出典:https://niziproject.com/

虹プロ2に出演中のソケンくん。
国籍は日本じゃないの?ハーフ?と気になっている方も多いですよね。
そもそも、日本人じゃないと考えられた経緯は2つあります。

  • 日本的じゃない名字+日本的な名前
  • 日本編の家族映像や韓国編の家族からのメッセージ映像で、ソケンくんの父親が韓国語を話していた

さらに、ソケンくんの姉・ぜうんさんのyoutube動画で、韓国語を流暢に話すソケンくんの姿が・・・!

@niziproject_ 好評だったらこのシリーズまたのせます😌#ソケン #蘇建 #ニジプロ #虹プロジェク#ニジプロジェクト #ニジプロ2 #niziprojectseason2#niziprojectseason2 #icanwecansoken ♬ オリジナル楽曲 – nizi – にじまる。


動画の公開日が、虹プロ2に出演する1年以上前の「2021年8月27日」だったので、韓国人なの?と疑問に思いますよね。

結論から言うと、ソ・ケンくんは韓国人です。
というのも、5歳上の姉・ゼウンさんが韓国人だからです!
運営しているyoutubeチャンネル「Janeぜうん」で話していました。

ゼウン
出典:Janeぜうんyoutube

5歳上の姉・ゼウンが日本生まれ日本育ちで韓国籍、日本永住権ももっている

日本と韓国の国籍に関する法律上、父親か母親どちらかが日本人で、どちらかが韓国人の場合は「日本国籍」も「韓国籍」もどちらも認められます。
これを二重国籍者と言いますが、日本では22歳に達するまで、韓国では満18歳になる年の3月31日まで/兵役の解消後2年以内にどちらの国籍となるか、選ばなければなりません。

ゼウンさんが、わざわざ「日本国籍」ではなく「日本永住権」だと言っているということは、

日本国籍はない=二重国籍者ではない=両親はともに韓国人=ソケンも韓国人

ということになりますね。

虹プロ2で韓国語に苦戦している様子があまり見られなかったのは、もともと韓国語が話せたからだったんですね!
ただ、聞き取りは日本語より韓国語の方が苦手だったそうなので、他のメンバー同様に韓国で韓国語を習得できるよう努力を重ねてきたことでしょう。

スポンサーリンク

【顔画像】ソケン(虹プロ2)の家族構成

ソケンくんの家族は、6人家族です。

父親:韓国人でIT系の仕事
母親:韓国人で仕事してる
長女:ゼウン(21)
次女:ハヨン(19歳になる年)
長男:ソケン(17)
三女:リナ(13歳になる年)

兄弟仲がめちゃくちゃ良くて、

ソケン姉妹
出典:Janeぜうんyoutube

両親もラブラブです♡

ソケン両親
出典:Janeぜうんyoutube

お父さんから順に顔画像つきで紹介します。

父親:韓国人でIT系の仕事

ソケン父
出典:Tver

ソケンくんの父親は韓国人で、IT系系の仕事をしているそうです。
日本で暮らしている理由は仕事のためだそう。

笑った顔はこちら!笑顔が素敵な優しそうなお父さんです!

ソケン父
出典:Tver

2022年初めには、初日の出を家族に見せるために、東京都内から神奈川県三浦半島の南にある城ヶ島へ連れて行っていました。
都内から車で約1時間半、道が混んでたら2時間以上かかりますよね。

ソケン父
出典:Janeぜうんyoutube

見た目同様に、家族思いの優しいお父さんだということが長女ゼウンさんのyoutubeからも伝わってきます♡

身長も高く、スタイルもすらっとしているようです。

ソケン父
中央がソケン父
出典:Janeぜうんyoutube

虹プロ2の「いいパパ」という雰囲気だけじゃなく、ダンディさもあって素敵です!

ソケン父
出典:Janeぜうんyoutube

ソケンくんと並んだら、やっぱり親子で似てますね!

ソケン父とソケン
出典:Janeぜうんyoutube

若い頃のお父さん、特に横顔がソケンくんに似てますね。

ソケン父
出典:Janeぜうんyoutube
ソケン父
出典:Janeぜうんyoutube

子どもが4人いることや、長女ゼウンちゃんがアメリカ留学した点から考えると、ソケンくんのお父さんは収入が多そうですよね!
きっとめちゃくちゃ仕事のできるITマンなんでしょう。

母親:韓国人で仕事している

ソケンくんの母親も韓国人で、仕事をされています。

長女のゼウンさんと新宿で仕事終わりに待ち合わせしているシーンがyoutubeにありました。
母親の職場が新宿近くなのかもしれませんね。

ソケン母
出典:Janeぜうんyoutube

母親を含む家族が家に帰宅するのは17時以降とのことなので、17時前頃まではお仕事しているんでしょう。

youtubeでは、マスク姿はわりと写っていますが、

ソケン母マスク
出典:Janeぜうんyoutube

マスクなしのお顔は時々チラっと映る程度です。
目が大きくくりっとしてるのが印象的ですね。

ソケン母
出典:Janeぜうんyoutube
ソケン母
出典:Janeぜうんyoutube

現在の母親に一番近いのがこちらの今年秋の写真。

ソケン母
出典:Janeぜうんyoutube

長女ゼウンが通っている立教大学校内を、夫(ソケン父)と腕組して散歩されていました。
メガネをかけていますね。

ソケン母
出典:Janeぜうんyoutube

身長は、長女ゼウンさんよりも頭半分ほど低いようですね。
ゼウンさんは身長160cmなので、母親が150cm前後くらいでしょう。

スポンサーリンク

長女:ゼウン(今年21歳)

ゼウン
出典:@jeeunso4youインスタ
PROFILE

名前:ゼウン(英名Jane)
誕生日:2002年1月16日
年齢:今年21歳(2023年12月時点では20歳)
身長:160cm
出身地:東京都
国籍:韓国
学歴:立教大学国際経営学科3年生(2023年12月時点)
仕事:インフルエンサー(youtube、インスタ、ブログ)
SNS:インスタ@jeeunso4you/youtube@jeeunso4you

長女ゼウンさんは、2023年12月現在立教大学国際経営学科の3年生かつインフルエンサーです。
立教大学国際経営学科は、英語で経営学の専門知識を身につける学科。
偏差値は62.5~65とハイレベルです。
立教大学の中でも人気かつ難易度が高く忙しい学科として有名なんだそうですよ。

期末試験前は、図書館や家で勉強に励んでいる様子がyoutubeにアップされています。
大学の勉強にかなり真面目に取り組んでいます

ゼウン
自室で作業するゼウンちゃん
出典:youtube@jeeunso4you

2019年・高校3年生の1年間はアメリカのアリゾナに留学していました。
英語・日本語・韓国語が話せるトリリンガルです。

ゼウン
出典:youtube@jeeunso4you

ゼウンさんいわく、なにか考えてるときは韓国語、話すときは日本語と韓国語ミックス、頭で整理して軽く翻訳して話すレベルなのが英語なんですって。

そんな努力家で頭の良いゼウンさんですが、超人気インフルエンサーでもあります!
2023年12月時点でインスタはフォロワー10.3万人

ゼウンインスタ
出典:@jeeunso4youインスタ

youtubeは登録者数41.3万人というから驚きですよね!
大学生活を中心としたライフスタイル、ファッション、メイクといった内容を発信されています。

ゼウンyoutube
出典:youtube@jeeunso4you

他にも、grammarlyという英文添削ツールのyoutube広告に出ていたり、

ゼウン
出典:youtube

Ryuseiという新しい英語習得アプリの起ち上げに携わったりと、英語学習の分野でも活躍されています。

ゼウン
出典:youtube@jeeunso4you

大学の勉強の合間に、インフルエンサーとしての仕事をこなすハードだけど充実した毎日を送っているようです。

最近オリジナル曲も作っています。
作詞をゼウンさんが担当したそうですよ。
ゼウンさんの心地よい歌声と途中出てくるソ一家の懐かしい写真がマッチしていて必見です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、KPOP沼にはまってるえりとらです。

このサイトでは、K-POP・オーディション系・ジャニーズ・インフルエンサー等のエンタメ情報をご紹介します。

通勤中や食後のホっと一時に、スキマ時間でちょっと楽しくなってもらえたら幸いです。

ぜひゆっくりお過ごしください。

目次