K-POPイベント・チケット情報はこちら

さすらいネキは15歳高1のおでんちゃん!高校は神奈川?意外にも瞬足で現在の彼氏は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
さすらいネキは15歳高1のおでんちゃん!高校は神奈川?意外にも瞬足で現在の彼氏は?
スポンサーリンク

奥田民生さんのさすらいに併せてゆるっとダンスしている「さすらいネキ」は、おでんちゃんというTiktokerです。

年齢は、2008年生まれの現在15歳で高校1年生なんです!(2023年12月時点)
神奈川県の高校に通っていることも判明しています。
現在彼氏はいるのかも気になりますよね。

この記事では、さすらいネキおでんちゃんについて深掘りしていきます。

スポンサーリンク
目次

さすらいネキ・おでんちゃんの中毒性がヤバイ

奥田民生さんの「さすらい」をゆるっと踊る動画が中毒性ありすぎ!と話題の「さすらいネキ」は、おでんちゃんというTiktokerです。

先日、Xで滝川ガレソさんがポストしたことでも話題になりました。

Tiktokへの投稿は2023年10月27日ですが、1週間後にはTiktokのおすすめに頻発するほど人気が爆発していました!
2ヶ月後も再び話題に上がるなんて、人気も注目度もかなり高いってことですよね!

中毒ポイント5つ

さすらいネキの動画が”中毒性がある”と言われるポイントは5つあります。

  • 最初の力が抜けたポーズ
  • 半笑いのジト目
  • 照れが見え隠れする表情
  • ぬるっとゆるいダンス
  • 健康的な太もも

「ジト目」は半目状態でじっとりと相手を見る目つきのことを指します。
女優の小松菜奈さんや市川実日子さんのような目元と系統が似ていますよね。
小松菜なの画像
 https://telling.asahi.com/article/14881994 画像

ねこまる

さすらいネキちゃんは、なんとなくミステリアスな目もとだよね!

ちょっと照れた表情をしたり、キリッとクールになったりなんともいえない表情も魅力的です。

特に男性からは健康的な太ももがたまらん!という声が多くあがっていました。

さすらいネキのさすらいダンス動画は、最初から最後まで目が離せなくて、もう一度見たいと思いリピートする・・・と沼にハマる人が続出しています!

スポンサーリンク

おでんちゃんのプロフィール

さすらいねき
出典:@isin_odensi
PROFILE

Tiktok名:おでん(通称:さすらいネキ)
生年月日:2008年1月~3月生まれ
年齢:15歳(2023年12月現在)
学歴:高校1年在学中
Tiktok:@isin_odensin
インスタ:@isin_odensin.o8

さすらいネキことおでんちゃんは、高校1年生の現役女子高生Tiktokerです。
2008年生まれの15歳なので、お誕生日は早生まれの1月~3月になりますね。

なぜおでんちゃんかというと、インスタに大量のおでん画像がアップされていることから、ひねりなくおでんが好きだからでしょう。

さすらいネキインスタ
出典:@isin_odensin.o8

使ってるカラコンは、キャンディーマジックのラテベージュ
前は、モラクのダークピオニーを使っていたそうですよ。

キャンマジラテベージュ
出典:キャンディーマジック公式HP

星を見るのはメガネを使う必要があるくらいなので、視力は0.7未満でしょう。

さすらいネキインスタ
12/23ストーリー
出典:@isin_odensin.o8

お気に入りの芸能人

おでんちゃんのお気に入りの芸能人を紹介します。

  • TWICEモモ:インスタフォロー
  • 霜降り明星粗品:インスタフォロー
  • ラッパー近藤大貴(dodo):ストーリーで回答
  • 日プ女子:ストーリーで回答
  • お笑いトリオ「ジェラードン」:ストーリーで回答

おでんちゃんのお気に入り芸能人は、インスタのフォローや

さすらいネキインスタ
出典:@isin_odensin.o8

12/23のストーリーでの質問回答で分かっています!

さすらいネキインスタ
さすらいネキインスタ
12/23ストーリー
出典:@isin_odensin.o8

近藤大貴さんはdodoというラッパーで、1995年生まれです。
「im」がTiktokでバズったので、ご存知の方もいらっしゃいますよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、KPOP沼にはまってるえりとらです。

このサイトでは、K-POP・オーディション系・ジャニーズ・インフルエンサー等のエンタメ情報をご紹介します。

通勤中や食後のホっと一時に、スキマ時間でちょっと楽しくなってもらえたら幸いです。

ぜひゆっくりお過ごしください。

目次