『血糖値』(けっとうち)とは、血液内のグルコースと呼ばれるブドウ糖(糖分のようなもの)の濃度のこと

あなたは健康に気を使っているでしょうか?

食品のテレビCMなどでもよく耳にする、
「血糖値、コレステロールをさげよう!」なんて言葉に疑問を抱いたことはありますか?

そもそも、血糖値とはなにかあなたはしっかりと理解していますか?

健康診断に行き、お医者さんは患者が自分たちと同じ知識を持っているかのように話します。

「血糖値が高いので気をつけてください。」

「はい」とは答えたものの、そのリスクや対処法、いえ、それ以前に血糖値がなにかを教えてくれません。

では『血糖値』とはいったい何なのでしょうか?

『血糖値』(けっとうち)というのは、血液内のグルコースと呼ばれるブドウ糖、
すなわち糖分のようなものの濃度の事を示しています。

通常健康な人の場合ですと空腹時は大体80から100mg/dという数値が現れます。

これより低いと低血糖、これより高いと高血糖と呼ばれます。

私たちの血液は健康な場合、常に血糖値を下げる作用をするインスリンと血糖値を上げる数種類のホルモン分泌により精密なバランスを保っています。

ですが高血糖になると糖尿病になる可能性がとても高いので、
血糖値には気をつけなければならないのです。

⇒食後の血糖値の上昇が気になる方にオススメの飲み物です!

血糖値の気なる方には、是非、お試し頂きたいコーヒーです。

NetCommons